櫛で髪を梳かす男性

AGA治療の第一選択薬で使われる医薬品プロペシアです。男性が薄毛になる原因は遺伝や加齢だけではなく、AGAが原因となる事が考えられます。薄毛が気になると市販の育毛剤などを使って改善を試みますが、薄毛の原因がAGAの場合、市販の育毛剤では改善することは難しく、自己判断で対策をしていると薄毛は進行します。
AGA治療はクリニックなど病院で可能になり、AGA治療薬の内服薬にプロペシアを第一選択して処方されることは多く、プロペシアを長期的に服用することヘアサイクルが整い、薄毛は改善することが期待できます。

プロペシアは世界初のAGA治療用内服薬

AGA治療薬として第一選択となるプロペシアは、世界初のAGA治療の内服薬として知られています。
プロペシアはAGAによる薄毛の進行を98%止めることが期待できる、世界初の飲むAGA治療薬です。服用することで、薄毛の進行を招くヘアサイクルの乱れを改善したり、後退した生え際が前進したり、髪の毛にボリュームが出るなどで薄毛の改善を実感することが出来ます。
男性型脱毛症のAGA治療薬として、アメリカにある会社が開発した有効成分にフィナステリドを配合した世界初のAGA治療薬の内服薬です。AGAに有効な治療薬としてすでに世界60ヵ国以上で使用されており、日本では2005年12月から発売されています。日本でも発売から数年たっており、薄毛が改善したなどの実績も増え、広く知られている人気の内服薬です。
AGAを治療する画期的な内服薬のプロペシアは、毛根にある原因となるジヒドロテストステロン(DHT)と言う男性ホルモンから作られる物質の生成を抑えることで、男性型脱毛症を治療する内服薬です。既存の薄毛対策には、かつらや増毛、外科的な手術が必要になる植毛などがありますが、既存からある対策は料金も高額であったり、かつらに抵抗があるなど敷居も高い方法でした。
世界初の飲むAGA治療薬は、1日1錠を飲むだけで治療ができる革命的な薬です。プロペシアは薬代で6000円程度で、ジェネリックもあるのでジェネリックであれば4000円程度で、既存の対策では月に何万円もかかる事を考えると、費用の負担も軽減されます。国内での販売も10年以上経過しており、初めは飲む治療薬に半信半疑であった人も、今では服用することで発毛を実感してリピートしている人も増えています。
男性型脱毛症の治療は、1回程度内服薬を飲んだからといって効果があるものではなく、服用方法は6ヶ月以上の使用によって90%の人が効果を実感し、3年程度続けて飲むことで98%の人が有効になります。
1日1錠を毎日服用し、効果の実感は個人差はありますが、3ヶ月程度で抜け毛の減少などの効果があらわれる事もありますが、確認できるまでは6ヶ月は毎日連続して服用する必要があり、薬が効いている場合には、6ヶ月程度で脱毛の進行は止まり髪の毛が増え始めます。右肩上がりの効果を実感するには服用してから6ヶ月から1年です。
毎日、長期的に服用する薬剤なので、安全性を考えて正規品を使うようにします。日本ではドラッグストアなどで販売されてないためクリニックなど病院で処方されます。海外ではドラッグストアなどで手軽に購入できるため、日本で病院以外に個人輸入の通販サイトを利用することで入手は可能になりますが、それを利用する場合にも安全性を考えて正規品であることを必ず確認する事が大切です。
服用は1日1回、1錠ですが、効果を早く実感したいために、2錠飲んだら2倍効果があるという訳ではありません。用量などを守って飲むことが必要です。また、服用中は献血が禁止されています。服用中の場合には、1ヶ月間は服用せずに献血するようにします。
2009年にはプロペシアはドーピングリストから外れたため、薄毛に悩むスポーツ選手も使うことが可能です。肝機能障害がある場合には、事前に医師に相談が必要です。男性のみが服用できる治療薬なので、未成年者と、女性も薄毛に悩む場合はありますが、女性には効果が認められないため服用しように注意します。

プロペシアが効くメカニズム

プロペシアがAGAに効くメカニズムは、有効成分のフィナステリドにあります。有効成分フィナステリドが効くメカニズムは、薄毛の原因となるDHTを抑制して抜け毛防ぐ働きによるものです。
AGAによる脱毛は、男性ホルモンのテストステロンが影響しています。通常、テストステロンは、男らしい体づくりや健康のために必要なものですが、体内に存在する5α還元酵素と結びつくことで、抜け毛を増やすDHT(ジヒドロテストステロン)に変わります。このDHTを生み出すテストステロンと5α還元酵素が結合することを阻害するのがフィナステリドになり、テストステロンと5α還元酵素の結合を妨げることができれば、抜け毛を促すDHTの生成を抑えて、薄毛の進行を防ぐことが可能です。
薄毛は父親が剥げていると自分も禿げると言われることがありますが、テストステロンの量には個人差はなく、薄毛になりやすいのは母方の血縁からの遺伝で受け継がれる5α還元酵素の量によって決まるものです。これが多くなるとDHTの生成量が多くなりAGAになりやすくなります。
DHTを抑制するフィナステリドは内服が1年程度では58%、内服が2年程度では68%、内服が5年程度では78%の人が服用によって髪の毛が増えたと実感しています。フィナステリドには、少なくても髪の毛が透けて地肌が目立たなくなる増毛効果は期待できます。薬を飲むことで治療を継続年数が長くなるほど、薄毛の改善効果は高くなることは分かっています。
フィナステリドが効果があるメカニズムは、DHTの抑制ですが、抜け毛を防ぐことで、何もしなければ抜ける毛が減ったり、抜けずに済んだ毛が成長するなどで髪の毛の量を増やすことが出来ます。直接的な増毛作用はなくても、脱毛を抑制することで髪の毛の量は増えるということになります。
効果が現れるのは平均しても6ヶ月以上は必要です。継続して服用することで効果を実感が高くなるので、有効成分のフィナステリドは長期的な服用は必須となります。
プロペシアの有効成分のフィナステリドには、発毛は促すことが出来ない事と、効果がない場合もあるという、2点の弱点もあります。フィナステリドには脱毛を防ぐ効果はありますが、直接髪の毛を増やす作用はありません。直接髪の毛を増やす作用はなくても長期間服用することで抜け毛を防いで、結果的に髪の毛を増やすことが可能になりますが、長期間の服用は必要になります。速く効果を実感したい場合には、併用して効果の期待できる成分が配合されている外用薬を使うことも良い方法です。
フィナステリドは一部の還元酵素にのみ作用するため、効果が出ない場合があります。還元酵素には2種類あり、種類によって存在する場所は異なります。Ⅰ型の還元酵素は側頭部や後頭部で、Ⅱ型は前頭部や頭頂部に存在します。フィナステリドはⅡ型に作用するため前頭部や頭頂部の薄毛に効果を発揮します。そのためⅠ型の側頭部や後頭部には働かない場合があるので、側頭部や後頭部の薄毛の場合には他の治療薬を使うと良いです。
AGAの症状は前頭部や頭頂部の抜け毛です。プロペシアの有効成分であるフィナステリドは、AGAの治療薬として第一選択される世界初の内服薬です。国内で承認され使われるようになってから10年以上は経過しており、実績も多く人気の治療薬です。効果を実感できるまでは長期的な服用は必須ですが、用法用量を守って服用を継続することでAGAは改善することが出来ます。