• ホーム
  • プロペシアのジェネリックの中で一番の認知度、フィンペシア

プロペシアのジェネリックの中で一番の認知度、フィンペシア

髪に悩む男性

プロペシアにはいくつかジェネリック医薬品はありますが、なかでもトップシェアを誇り認知度があるのはフィンペシアです。
プロペシアのジェネリックのなかでも認知度が高く人気があるのはフィンペシアで、先発薬のプロペシアと同様の薄毛の改善効果が得られるだけではなく、ジェネリックなので費用負担も軽減できるのも魅力です。
フィンペシアはAGA治療薬のプロペシアのジェネリックとして認知度があり、有効成分も先発薬と同じフィナステリドを使っています。男性型脱毛症(AGA)の治療効果では、プロペシアと同等です。1箱に数多く入っており、安く購入できます。通販を利用すれば簡単にフィンペシアが買えるので注文してみてください。
フィンペシアは、プロペシアのジェネリックのなかでもトップシェアを誇り、最も認知度があります。プロペシアと同じ有効成分にフィナステリドを同量配合し、先発薬と同様も効果がありながら安価で購入できるため、多くの人がAGA治療に使っています。
AGA治療は6ヶ月以上は薬を服用しますが、フィンペシアは1錠あたり50円程度で、6ヶ月服用しても9000円程度で、プロペシアを6ヶ月服用すると52200円程度となるため、43000円程度も差額があります。
フィナステリドはAGAの薄毛改善効果が期待できる成分ですが、乱れた毛髪の成長サイクルを整える期間は最低でも6ヶ月間は必要となります。先発薬で薄毛の治療をしたくても費用が負担となって続けられないという人もいます。フィンペシアは先発薬と同様のフィナステリドを同量配合し、安価で購入できるため、長期間薬の服用が必要はAGA治療では大幅に費用の軽減も期待できます。費用を抑えてAGA治療をしたいという人はおすすめのジェネリック医薬品です。
フィナステリドが先発薬と異なる点は、製剤の色と形です。プロペシアはピンク色で八角形の錠剤で、日本製品は丸い錠剤ですが、フィンペシアは白色で丸い錠剤です。錠剤の大きさはほぼ変わりはないです。
フィンペシアの副作用はプロペシアと同様の副作用が出る可能性はあります。先発薬と同様に副作用は稀ですが、主な副作用には性欲減退、勃起不全などの男性機能低下と、肝機能障害などが考えられます。服用して初期に脱毛の症状がみられますが、それは毛髪を再生させる過程で起こる生え変わりのための抜け毛なので、副作用というよりは治療薬の効果があらわれ始めたという証拠でもあるので心配はいりません。服用して気になることがある場合には医師に相談する必要はあります。