• ホーム
  • プロペシアのジェネリックの中で最安値、フィナロ

プロペシアのジェネリックの中で最安値、フィナロ

髪が薄い男性

AGA治療は1回薬を服用すれば改善されるというものではなく、毎日、長期間治療薬を服用し続けることで効果があらわれ改善することが期待できます。AGA治療薬として知られているのはプロペシアで、副作用もほぼなく治療が化膿なのでプロペシアを服用し続けたいと考えますが、費用が気になって続けられないという人もいます。そんな場合にはプロペシアのジェネリック医薬品を使うことも検討すべきです。
プロペシアのジェネリック医薬品の中で最安値はフィナロです。フィナロはプロペシアの6分の1程度の費用で治療が可能で、先発薬と同様に98%の薄毛改善の効果があるAGA治療薬です。
最安値のフィナロの有効成分はフィナステリドで、プロペシアと同様の有効成分が配合されています。フィナステリドを主成分としたジェネリック医薬品の中でも最安値で、添加物にキノリンイエローを使っていないことも特徴です。
キノリンイエローは、錠剤のコーティングなどに使用されえいる添加物で、過剰摂取による安全性が心配されます。摂取量が少量であれば問題はないものの、フィナロにはキノリンイエローが全く使用されていないため、キノリンイエローの摂取量を心配する必要はありません。
最安値のフィナロは、1錠40円程度なので1ヶ月服用しても1200円程度です。プロペシアは1錠290円程度なので1ヶ月服用すると8700円程度で、その差額は毎月7500円も生じ、仮に半年飲み続けると45000円も費用に差があります。
フィナロはジェネリック医薬品の中でも最安値ですが重要な効果が気になります。フィナロの有効成分であるフィナステリドは、先発薬のプロペシアの臨床試験で実証されており、臨床試験ではAGAの患者が有効成分のフィナステリドを3年間服用し続けると98%の患者の薄毛の進行が止まったという結果が出ました。さらに1年間使った過半数の患者には、明確に髪の毛の増加など薄毛の改善がみられました。
髪の毛の量を増やすAGA治療での改善効果は、治療薬の服用を続けることで維持され、長期間服用すると改善される事がわかっています。フィナロの副作用も気になりますが、先発薬の同様の有効成分フィナステリドを配合し、同様の成分で製造されているので副作用に関しても先発薬と同様に殆どないと考えられます。副作用は全くないわけではなく、先発薬同様に性欲減退や勃起不全、肝機能障害などの副作用は極めて稀に起こることなので、特に心配はありませんが、体質など服用することで心配がある場合には医師に相談することは大切なことです。